家を持った2人

4世代同居の我が家の外壁塗装体験談

パソコンを触った女性

祖父(90歳)、父(62歳)、母(58歳)、私(30歳)、夫(30歳)、娘(3歳)の4世代同居の我が家。父が25年前に建てたのですが、そろそろ至る所に不具合が見られるようになってきました。中でも祖父が気にしていたのが、外壁の塗装剥がれとサビです。「自分の家がみっともなく見える」としきりに言っているのを、父や母も聞いていて、金銭的にも余裕が少しできた今年、外壁塗装を施工することができました。施工にあたっては、いくつかの塗装業者から相見積もりを取り、一番安価な業者に施工依頼をすることにしました。外壁塗装をすることで、住居の雨漏りを防いだり、耐久性を高めたり、外観を良くしたりと、複数の効果があることを塗装業者の職人さんに教えてもらい、その意味を改めて確認することもできました。
およそ10日程の塗装期間を経て、蘇った我が家の外壁。見栄えも抜群に良く、職人さんが言う耐久性も向上したであろうことに、満足と、安心感を得ることができました。かくして我が家の外壁塗装は無事終了しましたが、正直もう少し早くやっておいても良かったかなという後悔が半分あります。皆さんも外壁塗装に関心がある場合は、大きな効果が期待できますから、早めに手を打つことをお勧めします。

注目記事

パソコンを触った女性

4世代同居の我が家の外壁塗装体験談

祖父(90歳)、父(62歳)、母(58歳)、私(30歳)、夫(30歳)、娘(3歳)の4世代同居の我が家。父が25年前に建てたのですが、…

詳細を読む
紙を持った女性

外壁塗装で気をつけるべき点

外壁塗装を依頼するときには、気をつけることがあります。その一つとして、費用の比較があります。つまりは、業者をいくつか選定して、見積もり…

詳細を読む